FX 注文用語 外国為替証拠金取引・FX情報局

FX注文用語

FX(外国為替証拠金取引)をするにあたり、いろいろな注文方法があります。

 

FXの注文用語集です。

 

成行注文(プライス注文)とは

 

価格を指定せず売買する場合の注文方法です。売買価格はリアルタイムのレートが反映されます。

 

指値注文(リーブオーダー)とは

 

価格を指定して売買する場合の注文方法です。

 

逆指値注文(ストップオーダー)とは

 

買値が指定した価格以上になったら買う、または売値が指定した価格以下になったら売る注文方法。
ポジションに損失が発生している場合に更なる損失拡大防止のためのロスカット(損切り)ライン設定、利益が出ている場合の利益確定ラインの設定などに有効な取引です。

 

IFD注文とは

 

イフダン注文と呼びます。 指値注文または逆指値注文が約定した場合に、次の指値注文または逆指値注文が有効になるよう前もって注文をセットしておく注文方法です。
※一つ目の注文が実行されない限り、もう片方は実行したくない場合の注文方法。

 

IFO注文とは

 

アイエフオー注文と呼びます。IFDとOCOを合わせたような注文方法です。新規注文時に、利益確定ラインとロスカットラインの両方を予約セットできま す。新規注文が約定後、予約セットした注文の一方が約定した時点で、もう一方が自動キャンセルされます。
※一つの注文とその注文に関するOCO注文を同時に出したい注文方法。

 

トレール注文とは

 

逆指値注文に値幅指定機能を追加した注文方法です。

 

OCO注文とは

 

オーシーオー注文と呼びます。優先順位のない2つの注文を出し、どちらか一方が約定すると、もう一方を自動キャンセルする指値注文です。利益確定ラインと ロスカットラインの注文を同時に出すことで損益を最小限に抑えながら取引を行える注文と言えます。

 

 

FX用語集はこちら